当院のリハビリ

 

 

当院のリハビリテーション部には理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が勤務しております。

 

近年、リハビリを提供する場は、益々増加傾向にあり、院内に限らず介護老人保健施設や市町村等の介護予防事業及びスポーツ競技へのサポート(国体県代表メディカルスタッフ等)にも積極的に参加し、支援を行っております。

 

リハビリは患者さんの身体の機能低下から由来する様々な問題を解決することだと考えております。問題解決能力を高めるためにはコミュニケーション能力・質問力・論理的思考能力・発想力と様々な能力が必要です。医学的知識は当然として,このような人間力を高めることがよりよいリハビリを提供できると信じ日々努力しております。

 

また、リハビリでは様々な技術と方法で構成されており、「絶対、このテクニックしかない!」とは言い切れません。当院では、ひとつの技術に固執することなく、効果を出せる方法を広く模索しながら治療を行っております。「必ず良くなる。」とは言い切れませんが、私たちも、結果が出せるように日々チャレンジしています。

 

 

 

 

 

 

 

当院の特徴

 

 

当院では整形外科疾患の患者様に多く来院していただいております。
 
中でも関節疾患が多く、膝の痛みや股関節の痛みを訴える方が多いです。
 
しかし当院では関節が痛いというような症状の他にも、腰痛、肩痛、頚痛はもちろんのこと、脳卒中後のリハビリもお受けしております。
 
特徴の一つは完全個別リハビリを実施しております。
 
患者様お一人に対しまして、担当が1人といった対応でリハビリを進めさせていただいております。
 
個別リハビリでは患者様の主な訴えとともに日常生活における運動や動作指導を行い、患者様個人の生活に寄り添ったリハビリを提供しています。

 

 

 

 

当院に多い訴え

 

関節疾患が中心ではありますが、

 

「腰が痛い」「腰がやめる」

 

「肩が痛い」「手が上がらなくなった」

 

「寝てると首が痛い」「常に肩が張る」

 

などの症状にも対応しております。

 

また、上記のような整形外科的な症状の他にも

 

脳卒中のリハビリにも対応させていただいております。

 

「脳卒中後のリハビリは受けたけど、まだ違和感がある」

 

などの訴えにもリハビリを提供させていただいております。

 

 

 

 

セルフエクササイズの提案

 

リハビリを受けていただいた患者様には担当セラピストから

 

自主トレーニングの提案をさせていただいております。

 

当院でのリハビリ後、ご自宅でもご自身のケアとしてストレッチや運動を

 

することでリハビリの効果を上げることができます。

 

また、日常生活の状況を詳しくお聞かせ頂き、生活の中で修正したほうが

 

良い動作やくせに対して、生活指導もさせていただきます。

 

患者様のご負担にならないように指導を行っていますが、

 

詳細は担当セラピストと相談しながら決めていきます。

 

 

 

 

 

継続したリハビリ

 

 

当院では継続した個別リハビリを提供させていただいております。

 

リハビリを継続していく中で、気づかなかった生活のくせや習慣を

 

見つけることができます。また、生活の変化に気づきやすく、リハビリの効果を上げることが可能です。

 

リハビリテーションの目的には機能の向上、つまり筋力やバランスを上げることなどの成果の他に、

 

機能維持の目的も含まれます。機能維持とは現在の状態を維持することであり、

 

継続してリハビリを行うことにより、高齢になっても体力や筋力の低下を予防することが可能です。